JRきっぷの雑学あれこれ

最近は近距離のきっぷは皆さんSuica、ICOKCAなどのIC乗車券をよく使われていると思いますが、長距離の場合は IC乗車券 は使えませんので、通常の紙に印刷されたきっぷを購入することになりますが、意外に知られていないきっぷのルールをご紹介します。

往復割引乗車券

片道の営業キロが601km以上の場合、往復乗車券を買えば、「ゆき」、「かえり」とも運賃が1割引きになります。例えば「ゆき」¥10,000の運賃は¥9,000に、「かえり」¥10,000の 運賃は¥9,000になるので、合わせて¥18,000の運賃になります。

乗車券の有効期限と途中下車

乗車券の有効期間は、営業キロ100キロまでは当日のみ有効、200キロまでは2日、400キロまでは3日、600キロまでは4日、800キロまでは5日、1000キロまでは6日 となり、往復乗車券はその2倍の有効期限があります。また営業キロ101キロ以上のきっぷであれば、有効期限内で、何度でも途中下車が出来ます。何度もきっぷを買い足すよりお得に寄り道旅が可能になります。

新幹線と在来線の乗継割引

新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合、 在来線特急の特急券が半額に割引きされます。特急券購入の際は、1度にまとめての購入をおすすめします。

日光に行こう びゅう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。