高配当銘柄or高成長銘柄

株式投資の投資先を考えます。皆さんならどちらを選択しますか?

高配当銘柄

いわゆる高い配当金を貰える銘柄です。主に総合商社、メガバンク、低成長企業の一部などが、こちらの銘柄になります。 年率 、投資金額の4~5%が配当金として支払われています。通称、インカムゲインと呼ばれるものです。

高成長銘柄

会社規模が 短期間で何倍にも成長している企業です。分かりやすい銘柄では、ソフトバンク、DeNA、ZOZOなどがあります。利益は 主に設備投資等に充てますので、 配当金は少なめです。但し、成長に応じて株価が何倍にもなったりして、購入時と売却時の差額によって譲渡益が得られます。通称、キャピタルゲインと呼ばれるものです。

まとめ

どちらの銘柄にもリスクがあり、高配当銘柄では、企業収益の減益等による減配<配当金が少なくなる>リスク。高成長銘柄では、成長の鈍化による、株価の低迷リスク。私の結論としては、2つの銘柄をミックスして保有するポートフォリオが望ましいと考えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。