貸本屋

子供の頃、近所に貸本屋さんがありました

文庫本に漫画本、中でも漫画雑誌がメイン商品です

レンタル期間はどのくらいだったでしょうか?

図書館のそれとは違い、1泊2日か2泊3日か

200円の雑誌で50円程度だったでしょうか?記憶がおぼろげです

住所と名前の申告程度で、保証金の支払いあったのかな~?

昭和のいい時代の記憶、アナログの生活の記憶です

今日の図書館の業態、ネット配信の普及等によって無くなった業種の一つであることに違いありません

パソコン工房

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

やきとり

次の記事

貧乏性 vs 単品注文